INTERVIEW
社員インタビュー

コンタクト第二本部
第一営業部 CRM2課 課長

南川 直人/2017年度入社

情熱は、けっして無駄にならない。

若い仲間たちが集まっているオルコネには良い意味での競争環境があります。自分も含めて周囲の仲間たちがどれくらいの成果をあげているかがわかるので、日々競い合いながら仕事に向き合えますし、高い成果をあげている社員は早いスピードでキャリアアップしていきます。私自身、オルコネのそういった環境に魅力を感じて入社を決めたのですが、成長意欲の高い仲間たちに囲まれて働くのは非常に刺激を受けますね。
私は同期内で絶対に一番早くキャリアアップしようと思っており、常に目標意識を持ちながら仕事に取り組んだ結果、入社2年目の11月に課長に昇進できました。まだ自分の経験不足や能力不足を感じる場面はあるのですが、課長という高いポジションを与えられることによって育てられているという感覚もあります。情熱を持って挑むことがけっして無駄にならない、絶対に結果につながると断言できるのがオルコネの魅力です。

コンタクト第一本部
第一営業部 営業1課 営業第1チーム 係長

木野 皓平/2017年度入社

日々、仲間とともに成長実感。

コールセンターの仕事で最初に必要とされるのは基本的なコミュニケーション能力と簡単なPC操作程度です。インターネット回線の知識は入社後に習得できます。営業スキルが必要になるのは、基本を身につけた後の話です。最初から全員が完璧な組織なんて当然ありませんが、できないことができるようになっていき、日々仲間と一緒に成長している実感を得られるのはオルコネらしい魅力だと思います。私の見ている範囲だと、現状をより良くしようという分析意識を持っている人は成長も早いように感じています。
また、キャリアアップのスピードが早いのもオルコネの大きな魅力です。結果を出せば上にいけると確信を持って業務に取り組めるので、モチベーションも高く維持することができます。キャリアップの早さゆえに同期が先に昇進するケースもあると思いますが、自分を信じて目の前の課題に取り組むことが大切です。

第三事業本部
第一Web推進事業部 部長

虎尾 直樹/2013年度入社

事業規模は億単位に。

役職があがると、当たり前ですが、まず責任が増え、その責任を果たすために必要な権限が増えます。特に部長は予算の権限がつくため、裁量権という意味では大きく広がります。 たとえば、今月の予算達成だけが目標なのか、1年後、3年後の事業の成長率が目標なのかで、考えるべき事、とるべき行動は変わりますよね。不確定要素が多ければ多いほど難易度は上がるため、よりたくさんの情報が必要になる。そのためにさらにたくさんの情報を集める。 そう考えると、自分で視座を高めるわけでなく、与えられた責任に応じて、相応の視座になるものなんだと思います。 自部署においては、プレイヤーレベルで年間数億~数十億の事業運営の責任を担えるという経験ができます。同年代と比べたときにその経験はすごく貴重なものだと思います。 同年代よりも少しでも早く経験を積みたいという血気盛んな若者達が活躍できるプラットフォームのような立ち位置に、オルコネがなれたらと考えています。